クスリと笑える子育ての処方せん

時間とお財布にゆとりをつくり、教育と生活の質向上を目指すブログです

ブログにかける想い1

はじめまして、神戸パンダです。

 

f:id:kobepanda:20180915073736j:plain

 

最初に近況ですが…
2014年 結婚、神戸に引っ越し
2016年 産休、出産、育休、時々保活
2017年 時短で職場復帰

 

以前は仕事に明け暮れていました。医療系と製造系、ふたつの専門分野を持ちながら、毎日気がすむまで仕事。仕事の達成感=人生の充実度でした。
しかしそんな生活にも転機が。2014年に結婚、2016年に第一子出産。人生の充実度の軸が「社会人の私」に加え「妻の私」「母の私」と一気に3つに増えました。

 

母の私
子供に望むことは「幸せ」。親が持つこの気持ち、この解釈は親によって千差万別ではないかと思います。何が幸せかの価値観は、すべての人にとって異なると感じているからです。ある人は家族や健康かも知れませんし、ある人は知識や学業に優れていることかも知れませんし、ある人はお金持ちであることや社会的地位かも知れません。
私は娘に娘なりの価値観で「幸せ」であって欲しいと願っています。ただし、その価値観は強要しないでおこうと(言うが安し、かもですが、、、)その代わり10歳までの環境は全力で考えてあげようと決めました。保活を経て、預け先として自宅から徒歩圏内の認可外保育園を選択しました。
同時にナンバーワンよりオンリーワンであって欲しい。人の物差しより、自分の価値観で幸せである方に重きを置いています。このような理由で英語学習や家庭学習で何か面白い発見があればブログでご紹介できればと考えております。(面白さ重視!)

 

妻の私
夫婦で会社員しています。私が頑固な左脳派に対し、夫はひらめきの右脳派。お互い自分にないものに惹かれて結婚。家事育児も主体性を持って取り組んでくれ、子供に愛情いっぱい接してくれていることはとてもありがたいです。
食に関心が高く、料理や保存食作りも得意なので、将来は一緒に加工食品販売などをしたいなぁと思っています。(2018年現在は構想段階)

 

社会人の私
職場復帰後は16時半から17時には会社をでます。幸いにも働き方改革の進んだ職場で、復帰して軽量PCと社用携帯の支給、在宅勤務も日によって選択できるようになり、働き方の自由度が高まりました。復帰後の職種もこれまでの仕事の延長であり、新しいチャレンジもあり。とてもありがたいことだと上司や人事の方に感謝しています。
ところで全身全霊で働きたいこの「社会人の私」の情熱、一部は時短内ではあるものの勤務時間延長をさせてもらい、またその一部は、新たなアウトプットの場が欲しい!と思うようになり、本ブログ開設にたどり着きました。

 

育休&保活ブログとして
当面はこれから復帰してワーキングマザーを目指す方にむけて、育休中に実践したことや、神戸での保活体験記録などを更新して参ります。(記憶が残っているうちに!)拙い文章ですが、どうぞよろしくお願いいたします。