クスリと笑える子育ての処方せん

時間とお財布にゆとりをつくり、教育と生活の質向上を目指すブログです

【買った分捨てる】なんちゃってミニマリストが断捨離を説いてみた

おはようございます、神戸パンダです。ミニマリストを目指すあなたにはこちらを。

「ミニマリスト」「断捨離」そして「シンプルライフ」。インターネットの世界ではこれらのキーワードをよく目にします。私も憧れて実践しますが、先輩方からすれば「なんちゃって!」に終わっているかも知れない。でも見ていただく方に少しでも参考になれば、という思いで更新いたします。 

先週末、2歳の娘にすべり台を購入しました。

ジャングルジム付きのものでないと、すぐに飽きるかな?と思いつつ、大きさとお値ごろ感を考慮してこちら。3年前甥っ子に購入したときよりも色の選択肢が増えていました。家に馴染むカラーですね。 

 

丸長 折りたたみすべり台 BR ブラウン 2歳頃?30kgまで

丸長 折りたたみすべり台 BR ブラウン 2歳頃?30kgまで

 

 

f:id:kobepanda:20180901024816j:plain

階段部分とすべり部分(というのかはわかりませんが)をクルクルと往復する娘の姿は昔飼っていたハムスターを彷彿させます。良かった、まだまだ使えそうです。 

さて、本題です。ミニマリストに憧れつつ、子供がいるとついつい服や家財道具が増える我が家。そんなときは

「新しく買ったものと同じ体積かそれ以上を捨てる!」

という半ば危険な断捨離を実施しています。そうしたら、プラスマイナスゼロか、むしろマイナスで物が少ない快適な家が保てるのではないかという持論です。

今回は日曜日を利用して、気になっていた「本が増えて棚からあふれ気味」「なんとなく捨てられなかったものがクローゼットを占拠している」状態をやっつけることにしました。 

買った分捨てようー目標 すべり台の体積約 32リッター(実測) 

本の断捨離

夫は本好き。最近は電子版を購入するのでそこまで増えなくなりましたが、本棚は飽和気味。長らく読んでなさそうな本もあるけど、かといって人の本って勝手に捨てるわけにもいかず‥と思っていたら、掃除する私と一緒に本の選別を始めてくれました。ありがたや。今回不要と判断された本は廃品回収へ出すか、欲しい友人にお譲りすることになりました。 

マイナス 30リッター達成 ここまで順調

私の本は「なんて素敵にジャパネスク」という平安漫画の本編を残して続編を断捨離しようとしていたのですが、どうやらすでに処分しまった模様。うっかりお譲りする約束をしている友人(ブログを見ていてくれるリアルの友人です)にこの場を借りて先にお詫びします!ごめんなさい!

よくあるのが捨てた記憶ないのにすでに捨ててる。去年はデジカメのメモリーカードを撮影後、データを移す前になくしてしまったり。このあたりに極めきれていないなんちゃってミニマリスト感が漂います。 

なんとなく捨てられなかったものも捨てよう

大物を処分できたので、続いてクローゼットの中を占拠している小物にとりかかります。

写真の断捨離

Nikonのフィルムのカメラを持っています。ネガとプリントアウトした写真が捨てられなかったのですが、どうしても残したいもの、デジタル化して残すもの、今回堪能して断捨離するものに分けました。

f:id:kobepanda:20180901030812j:plain

カメラのフィルムっておじいちゃんちでしか見たことない、って後輩がいます。皆さんもですか?ついでにカメラ女子、という「女子を名乗る自分」も断捨離しました。代わりにカメラママ?カメラアラフォー?なんて名乗ればよいのでしょうか。

まとまって処方される漢方や、いつ購入したかわからない市販薬(箱なし)。15年ものの胃腸薬とか出てきてお腹を壊しそう。これらもさようなら。日本と我が家の医療費削減のために今後は無駄に買わないようにしなければいけませんね。

大学時代のノート

デジタル(PDFファイル)化しようとしていましたが諦めました。10年以上見なかったものはこれからも見ないであろう、と思ったわけです。大学時代の専門書はまだ捨てられないので漬物石に活用しようと思います。

ここまでで 52.5リッター 目標達成!!

「保管料を払ってまでこの先も保管するか」と自分に問いかけをすると、結構な勢いで処分できます。保管しているスペースにはコストがかかっているのですから。本当に必要なものは必要な時にまた買えるのではないかと考えています。

どうしても捨てることに抵抗のあるものはデジタル化。小物は写真を撮り、書類はPDFにしてしまいましょう。携帯やタブレットで書類をPDFにできるアプリもあり、便利になりましたね。 

そもそも本当に必要かどうか購入時によく悩む必要があります。断捨離の断の部分。だからすべり台も悩みすぎてこのタイミングでの購入だったわけです。やっぱり必要、天候問わず遊べる室内すべり台。

娘の笑顔と快適な家を手に入れた、よい週末でした。