クスリと笑える子育ての処方せん

時間とお財布にゆとりをつくり、教育と生活の質向上を目指すブログです

【本日9/8オープン!】新しいファミリア神戸本店は家族で訪れたい「べっぴん」空間

おはようございます、神戸パンダです。
本日、「ファミリア神戸本店」が移転オープン!場所は旧居留地、「大丸神戸店」の南側です。僭越ながらオープニングに合わせて店内の雰囲気をお伝えさせていただきます。

新しく生まれたファミリア神戸本店ー白が基調の光あふれる場所

f:id:kobepanda:20180908020354j:plain

入ってすぐ右側の1階から2階へ続く階段を見上げると、吹き抜けの開放的な空間が広がります。階段ではたくさんのファミちゃんがゲストをお出迎え♬
f:id:kobepanda:20180908020424j:plain
こちらのファミちゃん、子供の成長をイメージし、ハイハイしていたり、たっちしていたり。そしてファミちゃんと並ぶ服のディスプレイが素敵で「トータル・コーディネイト」にこだわったファミリア創業者 板野惇子(ばんの あつこ)さんの想いが受け継がれてるように感じました。

1階ー立ち寄りやすいカフェとクリニックなどのプライベート空間が共存

入り口左手には
●「WHITE BEAR CAFE」:カフェには妊婦さんに嬉しいデカフェコーヒーやベビーの離乳食用としておかゆのメニューなどがありました。

奥には
●「ファミリアメディカル神戸クリニック」:後述
●「Studio 1」(スタジオ 1):新しい1000daysプログラムのうち、マタニティやベビーのためのプログラムなどが行われるようです。(予約制)
この2つの間に「Library」(ライブラリー)があります。

立ち寄りやすいカフェは手前に、クリニックやスタジオなどのプライベート空間は奥に配されているんですね。

「ファミリアメディカル神戸クリニック」さんは小児科と皮膚科が併設。説明を伺い、プレママ、ママ、子供の心に寄り添うクリニックだと感じました。もちろんクリニックの中は布製や木製のファミリアグッズでいっぱい♬ブルーの診察券と専用の「ファミリア メディカルブック」を拝見して憧れの気持ちでいっぱいです。

「Library」には清川あさみさんの刺繍アートが飾られています。こちらはぜひ現地でご覧ください!清川さんは、板野惇子さんをモデルにしたNHKドラマ「べっぴんさん」のオープニングの刺繍アートを手がけた方。ドラマは2016年10月、娘のねんね期から放送スタート、朝の楽しみな時間でした。もう私の頭の中は始終、ドラマの主題歌 Mr.Children「ヒカリノアトリエ」です。

廊下の壁には様々なベビー&キッズの思い出のシーンをモチーフにした「デニムバッグ」、2階に続くエレベーターの壁一面にも数々のアート作品が並びます。
f:id:kobepanda:20180908020701j:plain

2階ーゆったり広く作られた空間は家族全員が楽しむことができるコンテンツが豊富

f:id:kobepanda:20180908032010j:plain
2階フロアの中央には
●ファミリアの洋服&グッズ:新生児から小学生までのアイテムがディスプレイされています。最大級の品揃えと思われますが、空間が広いためゆっくりお買い物ができそうです。
●「ATELIER」:常時受付のこのアトリエスペースでは子供も大人も誰でも参加できるそう。特に子供のクラフトは想像力を引き出してくれそうです。もしかしてここが「ヒカリノアトリエ」!?と想像してしまいます。
●「Egg Camera」
f:id:kobepanda:20180908020738j:plain
2階フロアの一角にある印象的なこの「Egg Camera」はベビーの写真がねんねしたまま撮れるフォトスポット。生後の日数が入るオリジナルフォトフレーム付き写真がフリーでダウンロードできると伺いました。これは混雑必至でしょう。
このほかベビーバスの講習スペースや、離乳食をあげるスペースもあります。

2階のサイド(壁側)には
●PEONY:プレママとママのリラクゼーションとしてフェイシャル・ボディの施術が受けられます。
●サービススペース:授乳室、ベビーカフェラウンジ、トイレがあります。
●託児ルーム「kids cubby」:保育士さんに預けて安心してお買い物ができそう。
●「Studio 2」:新しい1000daysプログラムのうち、子育てセミナーやパパのプログラム、そしてバースデーパーティーなどが開催されるセミナールームです。さらに関西初の「マナビ」の場「KIDS LABO」も!
KIDS LABO | familiar神戸本店

●レストラン「color of time」
f:id:kobepanda:20180908020829j:plain
レストラン「color of time」はランチとディナーで有機野菜を中心としたビュッフェが楽しめます。「子供が主役」だそうで、低めに作られたキッチンカウンターは子供が料理を取りやすかったり、子供自身がチーズをおろして料理にかけたりできます。キッチン中央には大きな釜があり子供と話が膨らみそうでした。

華やかなオープンキッチンに対し、テーブルスペースは落ち着いた空間でした。神戸元町周辺に現れた新しい子連れウェルカム レストランですね。
f:id:kobepanda:20180908021540j:plain

さて2階での過ごし方を想像してみました。例えばある日はパパと子供がクラフトを楽しんでいる間、ママはお買い物やリラクゼーション、最後に全員でレストランに集合。またある日はパパとママが子供に離乳食をあげている間にじぃじとばぁばがお買い物…2世代、3世代と家族で楽しめそうでワクワクします♬

以上、僭越ながらご紹介申し上げましたが、新しいファミリア神戸本店はすべてが特別で細やかな心配りがあり、子連れファミリーにとても優しいお店でした。
例えばバリアフリーとエレベーター、授乳室などのサービススペース。棚も低く設置されており見渡せて安心、万一子供が走ったところを想像しても割れ物が見当たりませんでしたし、棚やテーブルの角が丸くなっています。ここまでこだわったお店を私はいままで見たことがありません。まさに「べっぴんさん」!

ここでお断りをさせていただきますが、私の拙い文章と写真では魅力を伝えきれず、また一個人のブログですので果たして的確にご紹介できているのか…コンセプトやコンテンツの詳細はファミリアさんのウェブサイトにてご確認をお願いいたします。(オープン限定品もこちらでチェック!)
www.familiar.co.jp

そして実際にお店に足を運んでいただき、アーティストの方々の意匠と、ファミリアスタッフの方々の想いの詰まった新しい「ファミリア 神戸本店」を確かめていただきたいです!
最後にファミリアスタッフの皆様、とても幸せなひとときを、どうもありがとうございました!改めて家族で訪問させていただきます。