クスリと笑える子育ての処方せん

時間とお財布にゆとりをつくり、教育と生活の質向上を目指すブログです

【ブログ運営】2ヶ月経過!AdSense審査通過しました。感謝!(201809)

ブログをご覧いただき、ありがとうございます!私神戸パンダがブログを開設し、ちょうど2ヶ月が経ちました。ここまでの記録と今後の目標をお伝えしたいと思います。
f:id:kobepanda:20180915073736j:plain

【2ヶ月】までの記録とこれからの目標

記事数 : 14
読者数 : 11
更新日のアクセス数 :20〜50/日(更新時)

記事は2ヶ月で投稿14件!!週の更新ペースに換算するとなんと2件にも満たず…とてものんびりペースの更新ですが、必要な設定もほぼ終わりましたので、ここからペースを掴んで参りたいと思います。まだ慣れないHTMLタグと闘い中!
読者の皆さま、ご登録ありがとうございます!定期的に読んでいただけるから更新しよう、というモチベーションはやはり大きいです。
アクセス数は、はてなのアクセス解析の数値を記載しています。更新記事が増えるごとに過去記事もよんでいただける機会が増えたのでしょうか。総アクセス数もおかげさまで1000件を超えました。少しずつブログを成長させていきたいと思います。

ここから2018年末までの目標(4ヶ月弱)
記事数 : 70(+56)
読者数 : 50(+39)
更新日のアクセス数 : 200/日

週3回更新を目標にがんばります。まずはコンテンツの充実を!

直近の新たな試みー取材・サークル・音声入力など

取材してツイッターと連携
ありがたくもファミリア神戸元町本店の移転オープンを取材させていただけることになりました。個人ブログとしてはおそらく初の店内全体のご紹介。
オープン日の朝に記事をアップし、ツイッター連携してみるという試みを行いました。#ハッシュタグと#シャープの違いも知らなかったのですが(笑)1日3回つぶやいて、日のアクセス数は最高を更新しました。ただし、おそらくほとんんどが当日ワンタイムのご訪問です。こういった貴重な機会を継続的なアクセスにつなげるため、今後どういうアクションが必要か見直しが必要だと思いました。もちろん個人ブログですので、大手メディアの検索順位にはかないません。なお、検索対策もまだです。
www.kobe-panda.com
ブログ間交流開始
尊敬するhanaさんのブログで主催されている「ホームベーカリーパンサークル」に参加させていただきました。
オンラインサークルに参加するのは私にとって初めての試みです。同じテーマを通じてブロガーの方と交流できるのは、グループ機能のある、はてなのおかげだと思います。
www.zubora-hana.com

ブログカスタマイズ
見やすく、ほしい情報を探してもらいやすいブログを心がけ(まだまだですが)背景色を変えたり、カテゴリ分けを編集したりしました。私にとってここは非常に不得意な分野です。もっと蛍光ペンとかボックス、見出しの位置など見やすいブログを目指したいと思います。
こんなシンプルで美しいブログに憧れます!
www.kobedzmint.com
音声入力を導入
現在私のブログ作成スタイルはこのようになっています。
Android携帯:Googleドキュメントで記事作成。外出先で思いついたタイトルと見出しを簡単に作成。移動中も更新したりします。
iPad Pro:上記の同期されたGoogleドキュメントを編集します。スマートキーボードが便利。記事の更新、修正もここで。さらに、はてはアプリを入れてアクセス解析確認や、ブログの購読を行います。

先週「沈黙のWebライティング」 という本をみて、ブログに音声入力が効果的だと知りました。
現在の「Android携帯でGoogleキーボード」と「iPad(iOS)の音声入力」の比較では、個人的に前者の方が使用感が良いです。喋った言葉と入力される文字の間違いがほとんどありません。また間違えたときの修正が非常に簡単で、ブログの編集時間が減りました!ただし、朝晩ブツブツ言っているのは家族の手前気がひけるので、家族のいない時に。

play.google.com
※記事公開当初は「Google日本語入力」を使っておりました。しかしながら現行のAndroidスマートフォンには「Googleキーボード」が標準装備、よりこちらの方が便利でしたので更新いたします。(2018年9月30日)

Google アドセンスを導入しました

皆さまのご訪問のおかげで先日Google アドセンスの審査通過しましたので、広告を掲載させていただいております。ただし、まだ記事も少ないので、自分の記事が見ていただきやすいことを優先でと思っております。(なので現在記事下のみ。ここまで至る方がいらっしゃるのか!?)

なお、審査から承認に至る詳細についてはまた記事にてお伝えしたいと思います。今後もご愛読いただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。