クスリと笑える子育ての処方せん

時間とお財布にゆとりをつくり、教育と生活の質向上を目指すブログです

もし療養・安静生活になったら何をする?④アプリ「リズムケア」で体調管理+α

こんばんは。神戸パンダはほぼ元どおりの体調になりました!
シリーズ「もし療養・安静生活になったら何をする?」もついに最終回です。

風邪を2回連続ひいたようで、回復するまでに5週間かかりました。産後は風邪ひとつでも治りが遅い気がします…

毎日仕事に向かうだけで精一杯、家事もなにもかも休みたい。こんな体調が10日を超えた時点で「自分はもとの生活に戻れるのだろうか?」と心配になってきました。もっと大病を患っていらっしゃる方を思えば本当に大げさですけど。

思い起こせば2018年前半も体調が優れませんでした。ただ、時期や原因、何をしたら治ったのか、いまひとつ思い出せません。

今回の体調不良こそ記録して、この先振り返る事ができたら役に立つかも!

そこで体調記録するためのアプリを探し、「超じぶん管理 リズムケア」(無料・アプリ内広告あり)を見つけました。さらに「リズムケアは」家計・子育て・勉強記録など、日々のさまざまな記録を一元管理できて便利です!

「超じふん管理 リズムケア」アプリとは

●自分の好きな項目を設定でき
●アイコンと記録のための単位(時間や回数)が豊富で
●メモがとれて
●グラフが見やすい ため

●からだ:体調、投薬、体重、血圧、睡眠時間、通院、禁煙
●子育て:授乳、オムツ替え、成長メモ
●家計:使ったお金、カード使用
●食事:毎日の食事記録、食べ歩き
●習慣:運動、勉強の時間

など多岐にわたる「毎日記録したいこと」がスキマ時間にスマートフォンで簡単にできます。思いついただけ書きましたが、用途は無限大だと思います。

AndroidとiOSに対応

超じぶん管理「リズムケア」

超じぶん管理「リズムケア」

  • Yasuo Shiohata
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料
App名: 超じぶん管理「リズムケア」、デベロッパ: Yasuo Shiohata https:

ダウンロードはこちらのリンクから行います。私は毎日こまめに開くスマートフォン端末にいれました。タブレットにも入れることができますが、画面が縦に固定されることや、アイコンが大きくて1画面に見える項目が少ないことから、スマートフォンでの利用に適しています。

設定方法

f:id:kobepanda:20181021001505j:plainf:id:kobepanda:20181021001606j:plainf:id:kobepanda:20181021001524j:plain
ホーム画面(左)から、スパナボタンを押して「設定」画面(真ん中)に移ります。
編集したい項目を長押しするか、プラスボタンで新規に項目を追加して、「アイテムを編集」画面(右)に移ります。

データタイプ:16種(整数、少数、整数の累計、時間、累計時間、カウンター、テキストなど)
タイトル:自由に決められます。
単位:データタイプが数字のものに設定が可能。自由に決められます。
アイコン:150種類(健康、食事、子育て、勉強、動物、乗り物、服)と豊富で、思いつく管理項目にあったものが見つかりそうす。
有効日:毎日または、週の特定の曜日が選択できます。

神戸パンダの利用例

私の今回の主な目的は体調管理なので、「体調」と「くすり」の項目を設定。
一緒に「子育てメモ」「家計」「勉強」の項目を入れました。

f:id:kobepanda:20181021002458j:plain:w300

具体的には…
体調:5段階評価です。1は動けない、5は通常通り生活など独自ルールで入力しています。

くすり:毎日1錠飲んでる薬の備忘録。飲んだらDONEにします。

睡眠時間:スタートと終わりの時間記録。長さを自動で計算してくれます。

子育てメモ:今日はじめて出来たこと、今日の娘のおもしろ言動のメモ。これが気軽に取れるアプリを探してました!

勉強:アルクの「ヒアリングマラソン」を始めるため、時間を記録します。

家計:キャッシュをお財布に入れた日に入れた分を記入しています。今は「食費と日用品の月合計の支出いくらまで」というざっくり家計簿をしているので、この支出額とカードのウェブ明細を合算するだけで、一瞬で家計簿が付け終わります。「袋分け家計簿」のデジタル版とも言えます。

ボタンを押す、数字を記録する。複雑な入力はできませんが、このようにとても簡単です。
最新のアップデートで、各項目の日ごとのデータにメモをつけられるようになりました。

私の場合は「リズムケア」を導入して約3週間、薬を飲んだこともボタンひとつで記録。
体調のメモ欄には、症状や通院の内容、やってよかったことを記録しました。

勉強時間はほぼゼロでした(汗)ヒアリングマラソンに出走準備したのでここから巻き返します!

データのグラフをみる

f:id:kobepanda:20181021002522j:plain:w300
ホーム画面で「Graph Viewer」ボタンを押すとグラフを見ることができます。また、縦にスクロールすると、現在管理している項目を一度に確認できます。

体調は右肩上がり!
グラフを目で見て安心しました。少しずつ回復しているのを実感。

睡眠時間はバラバラ!
病院でこのグラフを見せたところ、「もっと規則正しく、かつ長く寝るように」と言われました。寝ることに集中すると回復に弾みが付きました。

「リズムケア」ここは注意

データの保存先はクラウドではないため、データをほかの端末に移行する際はCSVデータで保存する必要があります。
端末をなくしてしまうことを想定すると、こまめにデータのバックアップを取り、別の端末やクラウドに保存しておく必要がありそうです。

さいごに

このアプリを最初に知ったきっかけは、ブログ「胃がんでござる!ステージ4」で紹介されていたからです。 余命宣告されて体調が悪くなっていってもなお、ここまで情報発信ができるなんて素晴らしいなと思いました。私なんて、風邪でこんなに弱ってしまうヘタレなのに…
無料【健康管理アプリ】自分の体調は、記録した数字を見える化する

他にも体調管理ができるアプリを5個ほどダウンロードしましたが、どれも体調管理に特化したものばかり。ほかの記録も一緒にできる方が便利で続くだろうと思い、この「リズムケア」に落ち着きました。

続けることが苦手な私ですが、とても見やすいことや、子育ての記録もここでできることで回復後も毎日使っています。

以上、「もし療養・安静生活になったらなにをする?」をシリーズ4回でお届けしました。
ここまでお付き合いいただきありがとうございました♬