クスリと笑える子育ての処方せん

時間とお財布にゆとりをつくり、教育と生活の質向上を目指すブログです

【食育にも】木もれ日の中で神戸の新鮮野菜を食す「FARMERS MARKET」in三宮

こんにちは、神戸パンダです。
皆さま、気候が不安定ですが風邪などひかれていませんか?我が家は寒さ対策として先週12月1日(土)に三宮に上着を見に行きました。

神戸は12月7日に24回目のルミナリエ開催を迎えます。

土曜日午前に私たちが訪れたときは旧居留地から東遊園地に向かう道はルミナリエの準備がほぼ整っていました。さわやかな空気に包まれた東遊園地の様子はこちら。7日の点灯を静かに待っています。東遊園地と言いながら実際は公園で、家族連れやジョギングするひとがちらほら訪れます。

東遊園地

比較的静かな東遊園地に対し、隣では人が集まる賑やかなマーケットが開催されていました。偶然に通りかかった「EAT LOCAL KOBE」の「FARMERS MARKET(ファーマーズ マーケット)」です。こちらの食事でお腹も心も満たされたうえ、子供の食育にもいいなと思いましたのでご紹介いたします。

「EAT LOCAL KOBE」とは?

神戸に暮らし、神戸を食べる 「EAT LOCAL KOBE」 という神戸市の企画です。
eatlocalkobe.org

神戸市は人口100万人以上の政令指定都市の中で農業産出額がトップクラスだそう。にも関わらずあまりそのことは浸透していませんよね。「EAT LOCAL KOBE」では地産地消をうながすため、さまざまな企画が行われています。

FARMERS MARKET
「FARMERS MARKET(ファーマーズ マーケット)」はその企画の目玉で、生産者の方が直接農産物やその加工食品を売るマーケット。今年は隔週土曜日の午前9時から12時半開催です。


FARMERS MARKET
とれたての新鮮野菜とりわけ有機野菜が多く、他にも焼きたてパン、豆腐、焼き菓子などさまざま。クリスマス前なのでシュトーレンもありましたし、神戸の生産者の方がこだわりで取り寄せたハチミツなど珍しいものもあります。真ん中の道には机が置いてあり、木もれ日の中でゆっくり食べることができます。今回はちょうど紅葉しているところでした。


FARMERS MARKET
マーケットに出店するための車がどれもおしゃれ。


FARMERS MARKET
ミニトマト専門店です。最初に買ったものは娘にほどんど食べられたので2回購入。トスカーナバイオレットという品種はもともとこのまだらに紫がかっているんですね。いくつかの品種の組み合わせもあり、ミニトマトは奥深いと知りました。黄色いミニトマトが甘くてコクがあって美味しかったです!


併せて提供される朝ごはんメニューは売り切れ必至!?私たちがマーケットをうろうろした後たどり着いた12時前にはすでに完売でした。この日のメニューは生姜ごはんだったそうで、食べて温まりたかったです。

原商店さんの厚揚げも大豆の味が濃くてまた食べたい逸品。

今回偶然通りかかって知りましたが2016年からやっているそう。我が家は市の広報誌は結構マメにチェックしているのに…もっと早めに知りたかった素敵な企画!

2018年は隔週土曜日が開催されており、次回は12月22日(土曜日)です。ウェブサイトでは3月までの日程が決まっていました。同じく土曜日開催です。
FARMERS MARKET

12月 | 1日、22日
1月 | 19日、26日
2月 | 2日、9日、16日、23日
3月 | 2日、9日、16日、23日

EAT LOCAL KOBE まだまだ見どころ、食べどころアリ

「EAT LOCAL KOBE」のイベントのうち、今回参加できたのは「FARMERS MARKET」ですが、別の企画もあります。

常設のマーケット「FARMSTAND」(NEW とあったので最近始まった模様)
FARMSTAND | EAT LOCAL KOBE

不定期開催のイベント(包丁を研いだりクリスマスオードブルを作ったりと、ワークショップ形式のものが多いです)
EVENTS | EAT LOCAL KOBE

我が家は今回訪れた「FARMERS MARKET」に再訪を決めました。もし日程があわなくても常設の「FARMSTAND」には必ずに行こうと思っています。子供がもう少し大きくなったら、農産物はどこでどう取れてどう流通しているとか、美味しい食べ方とか、このマーケットを楽しみながら話してみたいです。

三宮のさわやかな朝に神戸の食を堪能する…皆さまも機会があれば参加してみてくださいね!